運気アップ方法

お金持ちになりたい人だけ読んでください

2015/10/03

いつもありがとうございます!

 

テクノリッチシステム 代表 澤 利一です。

 

私はお金も自信もない人間でした

 

私が子供の頃は、

とても臆病で、自信がなくて、

ほんとダメダメな人間でした。

 

今思えば虐められていたんですよね。

 

軽い順にいうと、

靴を隠されてしまって困りました。

何もしていないのにクラスの女の子から

つねられたこともあります。

これくらいは可愛い悪戯ですね。

 

他にも、

ドッチボール後に集団でボールを

ぶつけられたことがあったり、

ストーブで熱せられた磁石を掌に乗せられ

火傷を負ったこともありまりました。

 

このときは、

大変心に傷を負いました。

 

高校時代になると、

友人に恵まれました。

中学時代ではただのクラスメートでしたが、

すごく親しくなった友人がいます。

 

その彼との出会いがキッカケで、

私の運勢は大きく変わっていったんです。

 

親友と私

 

私という人間は、

良くいえば、

優しい、人が良い、深い付き合いをする。

悪くいえば、

気が弱い、断れない、人見知りです。

 

また、金銭感覚も無く、

よく金欠になっていました。

 

このときの私は、

気が弱く、お金もなくて、

自信が持てない人間でした。

 

高校を卒業し、

大阪の専門学校に通っていた頃、

500円だけ持ってサークルの飲み会に

参加したことがあって、

今でも逸話になっています(恥)

 

そして、

人付き合いが大の苦手なので、

ストレスで引きこもった時期もあります。

 

何とも情けない話ばかりですが、

本当にそうなんです。

 

そんな時、

私の支えになってくれていたのが、

親友なんですね。

 

高校時代はよく共通の友人の家で

ゲームをして遊んだ仲なんですが、

彼は高校卒業後、

京都で某電気関係の会社に就職しました。

関西では誰もがお世話になる会社です。

 

私と彼は電気科出身だったので、

電気関係の就職は有利でした。

そして、私と彼はそんなに成績に差が

なかったので、私も狙っていたらその会社に

就職できていたかもしれないですね。

 

ですが、

私は就職するのが怖かったので、

専門学校で勉強することにしたんです。

(なんてダメなやつなんでしょう!)

 

大阪と京都はわりと近くて、

一人暮らしだった私の家に毎週のように

遊びに来ていました。

 

最初の頃はうっとうしかったんですが、

彼のおかげで寂しくは感じませんでした。

 

このときの私と親友は非常に対照的でした。

彼は初対面の人にも気兼ねなく話ができ、

人の頼みを断ることも全然平気です。

 

そして、彼は金銭感覚があり、

10代の頃から一流会社に勤め、

腕にはロレックスを身に付け、

全身ブランド物のコーディネイトでした。

 

逆に、当時の私は高校時代からの衣服を着て、

すごくダサい貧相な恰好でしたが、

あまり気にも止めていなくて、

今思えばすごく恥ずかしい恰好だったな・・・

と思います。

 

また、住んでいる場所も大きく違って、

彼は寮に住んでいて、

部屋は寝泊りする程度で、

最低限の衣類だけ置いていたという

すごく物が少ない部屋だったんですね。

 

逆に私は、

築40年以上の古いアパートで、

3畳2間を1室にぶち抜いて作られた

変わった部屋でした。

 

そして、私が片づけ下手だったので、

ゴミが床に落ちていたり、

ゴチャゴチャしていて、

よく親友が片づけるのを

手伝ってくれたほどです(恥)

 

今思えば、

彼は私のマスターマインドでした。

(マスターマインドの詳細はこちら

 

今でこそ付き合いの頻度が下がりましたが、

今でも彼に感謝しています。

 

お金持ちと貧乏人の特徴

 

実は彼の父親が芦屋(※)に実家があり、

お金持ちの家系だったんですね。

※関東でいうと田園調布や白金台でしょう

 

ですが、彼の父親は財産は相続されず、

独力で資産をつくられた苦労人だそうです。

 

私の実家は貧乏ではなかったですが、

お金持ちとは程遠かったです。

 

そんな対照的な彼がいたから、

時間をかけてゆっくりとですが、

彼がしていた身なりや行動を

勉強することができました。

 

親友の行動/身なり

  • 部屋に物がない
  • 身なりに清潔感がある
  • 腕にロレックスの時計
  • 普段の出費は抑え、楽しむ時に一気に使う
  • お金は使いきれないと思っている
  • 誰にでも話しかけることができる
  • いつも自信満々

 

私の行動/身なり

  • 部屋にゴミや脱いだ衣類が散乱
  • 身なりがみすぼらしい
  • 腕には安物の時計
  • 普段から無駄な出費が多く、金欠
  • いつもお金が足りないと思っている
  • 物凄い人見知り
  • いつも自信がない

 

この違いは、ずばり、

お金を持っている人と、

お金を持たない人の違いですよね。

 

私は彼とずーっと一緒にいたから、

この違和感を感じ続け、

自分を直すことができました。

 

今でこそ、私も

ロレックスの腕時計を身に付け、

ルイヴィトンの鞄を持って

いつも仕事しています。

 

とは言っても、

なかなか人間って変わることができません。

 

では、どうやって変わったのか?

 

それは、

 

自信を持つこと

 

たったこれだけです。

 

でも、

これが一番大変かもしれません。

 

自分がお金と釣り合うだけの器が必要なんです。

それが、自信です。

 

お金持ちの家系の親友は、

お金の扱い方と、自信がありました。

だから、お金を持つことができるんです。

彼は20代で一軒家をキャッシュで買い、

株で大成功を収めました。

 

逆に私は、

自信がなく、ストレス耐性が無いので、

無駄なものを消費し、

お金がドンドン無くなったのです。

 

実は、

自信が無いと困ることが

もう一つあります。

 

それは、

かの有名な『引き寄せの法則』です。

 

自信が無いと、自信が無くなる結果が

引き寄せられてしまいます。

 

自信のある人は、

遅かれ早かれお金が手に入ります。

自信があるという現実を引き寄せるから、

お金が手に入ります。

 

逆に、自信のない人は、

遅かれ早かれお金が逃げていきます。

自信がないという現実を引き寄せるから、

お金が逃げていくんです。

 

自信を持つための絶対条件

 

では、自信を持つためには、

どうすればよいのでしょうか?

 

それは、

自分が不可能だと思うことに挑戦する

それ以外にありません。

 

厳しいようですが、

自分ができない、やりたくないことを

やるしかないんです。

 

自分に自信が持てない

自分を超えるしかありません。

 

ただひたすら、

無茶無理無謀だと思う現実でも、

それに向かって真摯に行動すれば、

必ず良い結果が生まれます

 

一人では自分の限界を超えるのは

難しいかもしれません。

 

だからこそ、

マスターマインドが必要なんですね。

 

私がシステムエンジニア時代に

自分の限界を超えたとき、

今とは別のマスターマインドがありました。

 

当時の私は、

10年近くやっていた

システムエンジニアの仕事ですら、

自信が持ててなかったんです。

 

しかし、その時、

仲の良いチームで行動していました。

仕事に対する価値観も近く、

お互いの限界を超えるべく

無茶無理無謀な仕事に挑みました。

 

毎日、深夜まで作業し、

週末も出勤しました。

 

しかし、それでも

お互いを励まし合い、協力しあい、

無理だと思う納期に

お客様が満足されるシステムを

納品することができました。

 

私一人では、

絶対に無理だったことでしょう。

 

自信を持ったことによる引き寄せ

 

自信を持った私が引き寄せた体験を

少しお話しします。

 

当時の私は、

運転しない歴10年のベテラン

ペーパードライバーでした。

 

先ほどの仕事がひと段落したころ、

無性に車が欲しくなったんですね。

 

当時は大阪市内に住んでいて、

交通の便には困っていませんでした。

また、大阪は車の運転が荒いことでも

わりと有名な街なので、

いきなり素人が運転するのも

危険だなとは思いました。

 

しかし、欲しくてたまらなくなって、

勢いでディーラーに行ってしまい、

新車をローンで購入してしまいました。

 

もう、年齢がバレてしまっていますが、

恥ずかしいながら、

この時まであまり貯金がありませんでした。

 

しかし、自信を持った時期を前後して、

収入が1.5倍ぐらいになっていました。

この勢いに乗ったんですね。

 

そうすると、不思議なことに

この車を買ったおかげで

今の妻と出会うことができ、

あれよあれよと結婚に至りました。

 

当時、妻は私の自宅から

75km以上離れた場所に住んでいました。

また、車社会の地域だったので、

車デートは必須だったんですね。

 

毎週、1往復(150km)は当たり前、

大阪で遊ぶ時は2往復していました。

ドライブデートのときなんかは、

500km以上も走った時もあります。

 

当時の私は、

車を買ったばかりだったので、

それほどまでに運転が楽しかったんです。

 

まさに、絶妙なタイミングで、

絶妙な相手と出会ったんですね。

 

そして、結婚が決まったら、

車を処分して、ローンも一括返済しました。

未練もありませんでした。

週末の運転だけで1年で1万3千kmも

走っていましたからね(汗)

 

そして、

私の収入もさらに上がり、

妻がお金の管理がしっかりしていて、

貯金も増え、株でも儲かりました。

 

もし、

あなたが自信を身に付けたいんだとしたら

あなたがなりたい姿を実現している

または、なろうとしている

マスターマインドを探してください。

 

あなたは必ず自信を持つことができます。

 

なぜなら、

私のようにダメダメだった人間が

自信を持つことができたからです。

 

あなたは、この記事を

最後まで読んでくださいました。

皆が皆できることではありません。

 

だから、あなたはすでに、

自分の限界を超える準備ができています

 

どうか、

自分を信じるためにも行動してください!

 

今度はあなたが成功する番です!

 

>>>マスターマインドの記事はこちら

-運気アップ方法
-,